東日本大震災では、大きな犠牲を出した岩手県宮古市田老。骨組みだけをさらした無残な「たろう観光ホテル」の映像で、全国的にもその名を知らしめた。
防潮堤を越えてきた津波によって、店を完全流失した「善助屋食堂」が仮設店舗で営業し、震災前と変わらない人気メニュー「どんこ唐揚げ丼」を食べさせてくれるというので訪ねた。

三陸鉄道の「駅−1グルメ」企画で
田老に行かないと食べられないメニューとして開発

タクシーで三陸鉄道の田老駅から走ること、十数分。どこまで山に入るのだろうかと思い始めたあたりで、善助屋食堂の入っている仮設店舗「グリーンピア三陸みやこ たろちゃんハウス」に到着した。リゾート施設のグリーンピア三陸みやこが駐車場を提供して、2011年9月にオープンした仮設商店街だ。人里から離れているのも道理だと納得。

 プレハブ造りの仮設店舗で営業中の「善助屋食堂」

プレハブ造りの仮設店舗で営業中の「善助屋食堂」

善助屋食堂といえば、おすすめは「どんこ唐揚げ丼」。メニュー誕生のきっかけは、三陸鉄道が、沿線の各駅に名物料理を作ろうと企画した「駅−1グルメ」だったとか。田老に行かないと食べられないメニューの開発を依頼され、店主の赤沼秋子さんは、まず三陸を代表する魚であり、いつでも安定して手に入る “どんこ”を選んだ。三陸では網によくかかる馴染み深い磯魚だ。ぶつ切りにして、味噌仕立ての鍋に入れる「どんこ汁」が、このあたりの郷土料理としてよく知られる。どんこの標準名は“エゾイソアイナメ”。アイナメとついているが、アイナメとは別種のタラ科の魚で、淡白な白身がおいしい。
「このどんこを、まず子どもたちの大好きな唐揚げにすることに決めました。お年を召した人たちには油っこさを感じさせないよう、ご飯の上に刻んだ青じそを散らして、さっぱりと仕上げたんです。上からかけるタレは、タルタルソースや中華風など、いろいろ試しましたが、やっぱり魚に一番合うのは、今の醤油ベースのタレでしたね」(赤沼さん)。
実際にいただくと、衣はパリッと硬めだ。かじりつくと、ほろっとやわらかい白身魚が出てくる。この二つの食感が同時に楽しめるのがいい。まずは唐揚げだけでご飯を食べたあと、上に載っている温泉卵をつぶして、とろりと流れる黄身にもからめてみた。醤油タレに混ざり合って、またおいしい。

幅広い世代に喜ばれる「どんこ唐揚げ丼」

幅広い世代に喜ばれる「どんこ唐揚げ丼」

どんこ唐揚げ丼は最初、試験的に三鉄まつりなどのイベント会場で限定販売されたが、大好評を得て、正式に店のメニューに加わったのが2010年の秋。その後、マスコミに取り上げられ、口コミでも広がり、どんどん人気が上がっていた矢先に、東日本大震災に見舞われたのだった。しかし、震災直前に誕生した「どんこ唐揚げ丼」は健在だ。仮設店舗でも、地元の人たちにはもちろん、ボランティアや復興工事の関係者の人たちに喜ばれたという。

田老を元気な町にしたいという思いをたずさえ
平成28年には本設の店舗へ

震災前、善助屋食堂は町の中心部にあった。昭和23年(1948)に、赤沼さんのお母さんが創業した店だ。店名は、赤沼さんの祖父の名前に由来しているが、その祖父も昭和三陸地震で亡くなられたのだとか。防潮堤があるとはいえ、店は海に近く、地震のあった当日は、揺れが収まるやすぐに従業員を帰宅させ、自身もすぐに山へ避難したという。「自然のすごい力の前には、どんな建造物でも人間の造ったものって弱いものですね」と赤沼さんは語っている。
震災後は、保健所の許認可を取得したり、魚をさばく厨房を確保するのに苦労したが、2ヶ月後の5月にテント営業で店を再開。避難生活している人たちが今一番食べたい物をと、揚げ物や漬物などを出した。その後、9月に今の仮設店舗に移転。そして、ようやく来年の平成28年には、町の中心部に新しく作られる「道の駅たろう」内に、本設の店舗を構えることになっている。

現在の仮設店舗の店内

現在の仮設店舗の店内

「昔、民宿をしていたことがありますが、海水浴客で田老も賑わったものです。震災前から田老が寂しくなっていくなかで、少しでも活気が取り戻せるのならと『駅−1グルメ』にも協力しました。震災後のアンケートで、このまま田老に住み続けたいと答えた人が45%だったと聞き、私は田老にしっかり根をおろし、田老の人たちが帰りやすい、元気な町にしたいと思っています」とほがらかに抱負を語られた。

店主の赤沼秋子さん

店主の赤沼秋子さん

【善助屋食堂】

☎090-7067-3886
住所:岩手県宮古市田老向新田149-4 たろちゃんハウスB-1
※ 平成28年中に、新しい「道の駅たろう」内に本設店舗へ移転。
来店前に電話でご確認ください。
営業時間:11:30〜15:00、17:30〜21:00
定休日:水曜日
駐車場:有

Share on FacebookTweet about this on Twitter