東北を旅して日本を考える

郷土料理・美食

「禅茶一味」の浜時間【JFT研会員レポート“三陸をたずねて”】

南三陸から車で1時間半ぐらい走って、次にたどり着いたのが、蛤浜という海辺の小さな集落に震災後にできた「Cafe  はまぐり堂」であった。京都の町屋や奈良の民家を連想させるような、どこか懐かしい気がするたたずまいのお店であ …

hama4

母豚を標高700mで放牧飼育、「龍泉洞黒豚」をしゃぶしゃぶで

JR宮古駅から歩いて10分足らず、昔ながらの商店街・末広商店街のなかほどに「割烹 おかめ」があった。このあたりも津波による被害を受けているが、「割烹 おかめ」は建物が流されずに残ったことから、2ヶ月後の5月には営業を再開 …

_DSC6209

山田産や県内産の素材にこだわる、本格手打ちうどん

岩手県下閉伊郡山田町に、おいしいうどんを食べさせてくれるお店があると聞いた。その名も「釜揚げ屋」。「讃岐うどんにも負けてないですよ」の言葉に、この体に半分流れている讃岐の血が騒ぐ。訪ねる日を楽しみにしていたところ、その前 …

IMG_0626

身体を思うやさしい味の農家料理

JR釜石駅から釜石線に乗って十数分。駅舎も改札口もない無人のJR洞泉駅に降り立つ。 釜石方面に戻る形で国道283号沿いを10分ほど歩くと、「創作農家こすもす」の看板が見えた。少し入ったところに大きな公園があり、子どもたち …

こすもす御膳

橋通りCOMMON

○○COMMONと言えば、東京・青山の246COMMONですが、そこで実際に使われていたカーショップを再活用したのが、ここ「橋通りCOMMON」です。石巻のほぼ中央、地元では昔から繁華街の代名詞として使われた「橋通り」と …

b24e58bcd60b83b7f84143628bc84424d06fba63big

超ド級の海鮮丼

川町の中心部から牡鹿方面へ向かったところに「おかせい」がある。「おかせい」という赤い文字の看板が目印。店内は食堂スペースと鮮魚店スペースに分かれていて、程よい“狭さ”の鮮魚店スペースには女川港で水揚げされたばかりの新鮮な …

a2284d9621c57e9a58bc3f52e3ceb8596f9ed151std

気仙沼の郷土料理「さんまの佃煮」を求めて【JFT研会員レポート“三陸をたずねて”】

東北から自宅に戻ると、もう「金のさんま」の袋を開けたくなった。 斉吉商店は、気仙沼市街地の比較的交通量の多い東浜街道から一本入ったところにあった。焦げ茶色の2階建てに、金文字で「斉吉」「気仙沼 斉吉商店」とある。おしゃれ …

P1000971

漁港ならではのかまステーキ、 浜辺でのひと時【JFT研会員レポート“三陸を訪ねて”】

青く澄んだ空と黄金色の稲穂が微かな収穫の香りを漂わせている季節に、おいしい食との出会いを求めて、はじめて「東北」という大地を訪れた。未知の遠い場所での出会いや発見を期待しながら、事前の情報収集はあえて最小限にとどめた。い …

かまとろステーキ

ジャズ喫茶のあとは寿司屋へ―港町気仙沼【JFT研会員レポート“三陸を訪ねて”】

気仙沼を初めて訪れたのは昨年の震災後3年目だった。夜、津波をまぬがれた駅前のホテルから市街地へ向って坂を下ると、町の建物が途絶えたところから広がる暗闇に戸惑ったが、遠くにぽっかり浮かぶ不夜城のような灯りに近づくとそこが復 …

susi

南三陸産“ワカメ羊”をパスタで【JFT研会員レポート“三陸を訪ねて”】

石巻駅から徒歩約15分に位置する「橋通りCOMMON(コモン)」という商店街にこのお店はある。仮設型というのか、フードコート風というのか、このエリアには複数の飲食店があり、イベントも行う半ばオープンスペース風の作りになっ …

orino1
1 2 3 »
郷土料理・美食 震災に学ぶ 三陸の人々三陸の絶景
宮古・田老 大鎚町・陸前山田 釜石 三陸鉄道 大船渡 陸前高田 気仙沼 南三陸町 牡鹿町・女川町 石巻
東北モニターツアー満員御礼
プレアツーリズム
三陸鉄道
日本フードツーリズム研究会
新しい東北
PAGETOP
Copyright © 東北を旅して 日本を考える All Rights Reserved.