東北を旅して日本を考える

三陸の人々

石巻・大震災まなびの案内人さんと一緒に街をめぐって【JFT研会員レポート“三陸をたずねて”】

震災からの復興は進みつつあり、しかしなおまだその道のりは遠い。それがボランティアガイドの説明によって心に深く刻み込まれた。 今回同行してくれたボランティアガイドの齋藤さんは、石巻観光ボランティア協会会長を務める方である。 …

ガイドの齋藤さん

はまぐり堂 亀山貴一さん

ロビンフッドかピーターパンが現れそうなツリーハウス。蛤浜のランドマークだ。JR石巻駅から車で40分、牡鹿半島の付け根に位置する蛤浜の入口。石段をしばらく下ると「Cafe はまぐり堂」があります。オーナー亀山貴一さんの遠大 …

hm5

元気で明るい女川の母

女川町の観光案内のブックレットの表紙に笑顔で試食をすすめる女性の顔がある。女川では知る人ぞ知る“おかあさん”阿部すが子さんだ。この阿部さんに会いに水産加工会社「マルキチ阿部商店」を訪ねた。サンマを使った昆布巻き「リアスの …

onagawa_okaa

斉吉商店

デパートの東北物産展などでも人気の高い気仙沼のブランド商品「金のさんま」は斉吉商店の看板商品だ。極上の美味しさの秘伝はこのさんまを炊く「たれ」にあり、つぎ足しつぎ足しで使い続けてきた言わば商品づくりの土台だ。 2011年 …

saikichi

カフェフードバーわいわい

ほぼ満席の店に入って、しばらくメニューなどを見ている間に、太田さんの驚くべきフットワークに気づく。すごい。動きが迅速で無駄がない。オーダーを聞く、料理や飲み物を出す、器を下げる、厨房に指示を出す、その間カウンターに座る私 …

なっちく

海の幸あふれる「どんぶり」の競演

「ようこそ、いらっしゃいました。」 到着した送迎バスから降りる人々をとびきりの笑顔で出迎える南三陸ホテル観洋の女将、阿部憲子さん。高台にあるホテルの正面玄関を入るとロビーの向こうには見事な三陸の海が広がっていた。 「この …

reキラキラ丼

地球活動がもたらした自然美や 山海の豊かな恵みを
「三陸ジオパーク」で楽しんで

岩手県で立ち上げられたジオパーク認定に向けての動きは、東日本大震災で1年間の休止を余儀なくされたが、再開後は3県16市町村で一体的に進められることとなった。そして、平成25年(2013)9月、青森県八戸市から宮城県気仙沼 …

宮古市_浄土ヶ浜

吉里吉里の人たちのために、立ち寄れる場所を作りたかった

東日本大震災からわずか5ヶ月後の2011年8月に、仮設でオープンした食堂「よってったんせぇ」。当時のメニューはラーメンとカレー、そして焼きそばだけだったが、被災当時の話を聞いていると、この食堂がどれだけ地域の人たちの心を …

IMG_0533

吉浜ゆかりの人をつなぐ場づくり、機会づくりを

震災後に、大船渡市三陸町吉浜で、若手の漁師さんたちが立ち上げたグループがある。「吉浜元気組」だ。合言葉は「俺たちでやっぺし!(やってやろうの意)」。その活動は、三陸鉄道の被災地研修企画「フロントライン研修」のオプションと …

吉浜ツアー ガイド写真

防災の大切さ伝える、三陸鉄道一期生

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、一躍全国にその名を知らしめた三陸鉄道。開業30周年を迎えた平成26年4月、全線で運行を再開させ、復興に向けての一つの象徴的なできごととして、全国ニュースでも大きく取り上げられた。 …

IMG_0342
1 2 »
郷土料理・美食 震災に学ぶ 三陸の人々三陸の絶景
宮古・田老 大鎚町・陸前山田 釜石 三陸鉄道 大船渡 陸前高田 気仙沼 南三陸町 牡鹿町・女川町 石巻
東北モニターツアー満員御礼
プレアツーリズム
三陸鉄道
日本フードツーリズム研究会
新しい東北
PAGETOP
Copyright © 東北を旅して 日本を考える All Rights Reserved.